巣巣ロゴ

news

3/12 柴田元幸×けもの 

柴田元幸×けもの『MONKEY vol.11』&ポール・オースター『冬の日誌』刊行記念セッション




翻訳家・柴田元幸さんが責任編集を務める文芸誌『MONKEY』vol.11「ともだちがいない!」と、柴田元幸さん翻訳のポール・オースター『冬の日誌』の刊行を記念して、柴田元幸さんの朗読と、けものの音楽によるセッションを、等々力にある巣巣で開催いたします。



日程:2017年3月12日(日)
会場:巣巣(東京都世田谷区等々力8-11-3)
開場/ 開演:18:00 / 18:30
料金:予約2800円 / 当日3000円

出演:柴田元幸、けもの(青羊&サポートメンバー:トオイダイスケ)



『MONKEY vol.11』の特集は「ともだちがいない!」。詩人・谷川俊太郎さんによる書き下ろしの詩10編「ともだちがいない!」、チャールズ・ブコウスキーの未訳短篇小説「アダルトブックストア店員の一日」と詩二編など、ともだちがいなかったり、見つかったり失われたりする話が詰まっています。

今回、柴田さんと音楽でセッションする“けもの”は、人が本来持っている本能をカタチにしていく青羊(あめ)のソロプロジェクトです。青羊が独りであることを強みとしながらさまざまなコラボレーションによって音楽の幅を広げています。

思えば読書は独りでするものです。それが朗読会で声に耳を傾け、物語を分かち合うことで、目の前の扉が次々と開かれていくような、新たな物語体験になるように思います。

そこに音楽がくわわることで、物語はさらに深く、遠くへ続いていく。

ポール・オースターの新刊『冬の日誌』は、「人生の冬」にさしかかった小説家が、かつての自分への共感と同情、そしていくぶんの羨望をもって綴る、感覚と肉体をめぐる温かで静謐なメモワールです。

自分を見つめ直すことは、孤独な行為であると同時に、さまざまな出会いを思い出すことのように思います。

独りだから、繋がることができる。

柴田元幸さんの朗読と、けものの音楽によるセッション。そのひと時を、巣巣で分かち合うことができたら。



予約:下記アドレスに必要事項を明記の上、メールをお送りください。

ignition.gallery@gmail.com

件名「柴田元幸×けもの」

1.お名前(ふりがな)  2.当日のご連絡先  3.ご予約人数

*ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
*メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
*当日無断キャンセルの方にはキャンセル料を頂戴しております。定員に達し次第、受付終了いたします。


プロフィール:
柴田元幸(しばた・もとゆき)

©島袋里美

1954年、東京生まれ。翻訳家、東京大学名誉教授。文芸誌「MONKEY」編集長。『生半可な學者』で講談社エッセイ賞、『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞、トマス・ピンチョン著『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞を受賞。ポール・オースター、スティーヴン・ミルハウザーなど、現代アメリカ文学を中心に訳書多数。



けもの

青羊(あめ)のソロプロジェクトであり、「本能をカタチにしていく」ことを目的としている。オリジナルやジャズのスタンダードなどを演奏。
青羊(あめ)は岩手県釜石市生まれ。ゆえに、宮沢賢治の作った「星めぐりの歌」もライブでよく歌っている。好きな音楽はUA、セルジュ・ゲンズブール、細野晴臣、クラフトワーク、など多岐にわたる。2010年5月 ソロプロジェクト<けもの>を開始。2011年5月 1stミニアルバム「けもののうた」を発売。2013年9月 菊地成孔プロデュースによる 1stフルアルバム「LE KEMONO INTOXIQUE(ル・ケモノ・アントクシーク)」を発売。2014年7月、二階堂和美などが参加する盛岡のフェス「ふみつき」で演奏。
http://kemonoz.com/index.html



企画:熊谷充紘(ignition gallery)