Information

Exibition

2021/11/11~12/19
絵と額

2021.10.10

絵と額 2021/11/11~12/19 (ご予約優先オープン)
カコヰテの額と、いろいろな絵・作品の展示です。
ご縁ある作家さんたちから「雪」をテーマに作品が届きました。
冬のひととき、暖かい店内で展示をお楽しみいただけましたらば。

福田利之 とりごえまり 坂本千明 保立葉菜 さかいりょうへい 扇谷一穂
ムラタトモコ toetiee Aaron Joseph Sewards 安彦幸枝 カコヰテ

<参加作家の紹介>

■ 福田利之
1967年大阪生まれ。大阪芸術大学グラフィックデザイン科卒業。株式会社spoonに入社し、1993年に独立。2005年に大阪から東京・吉祥寺に事務所を移し、現在に至る。CD、装画、絵本、ロゴ、雑貨制作のほか、テキスタイルブランド「十布」のデザインも手掛ける。主な著書に「福田利之作品集」「福田利之といくフィンランド」(ともに玄光社)「森の王国 福田利之・塗り絵BOOK」(グラフィック社)、共著に「祈る子どもたち」(アリエスブックス)「赤い金魚と赤いとうがらし」(ミルブックス)など多数。
http://to-fukuda.com/

■ とりごえまり
絵本作家1965年石川県金沢市生まれ金沢美術工芸大学(商業デザイン専攻)卒業東京で企業に勤務した後、1996年絵本『月のみはりばん』(偕成社)で絵本作家デビュー。絵本以外に、広告、幼児雑誌、教科書、ホスピタルアート、装画などの仕事を手がける。近年は個展開催、企画展に多数参加。現在は生まれ育った金沢で夫と猫たちと暮らし、制作をしている。
torigoe-mari.net

■ 坂本千明
イラストレーター。青森県出身。
紙版画の手法を用いて書籍装画やCDジャケットなどを手がける。猫を主人公にした著作『退屈をあげる』(青土社)、『ぼくはいしころ』(岩崎書店)を発表している。
sakamoto5.exblog.jp

■ 保立葉菜
木版画家。1983年東京都生まれ。和光大学表現学部芸術学科卒業。
主に展示・装画などで活動。最近の仕事に『ホワイト・ティース 上・下』(ゼイディー・スミス著/小竹由美子訳/中公文庫)カバー版画がある。
www.hotatebros.com/hana

■ さかいりょうへい
1984年3月3日生まれ 東京は池袋にある創形美術学校を卒業後、 ギャラリーやギャラリースペースを持ったお店等での作品発表を中心とした作家活動を始める。 日常生活の中での人と自然との関わりを意識しテーマを見つけたり、 海外国内問わず、旅を通しての人や自然との出逢いから得る感性を大切に 主に動物や植物、風景などの自然をモチーフに作品を描いています。 近年では内から涌き出る物語性を重視した作風をメインに宇宙と大地(地球)との繋がりを意識しながら制作しています。
Instaguram : https://www.instagram.com/sakai_ryohei/
HP : https://ryohei-sakai.jimdofree.com/

■ 扇谷一穂 (Kazuho Oogiya)
東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。在学中2000年 Spiral Independent Creators Festival(SICF)に出品。入選を機に制作を始める。同時期にオリジナル曲を作りはじめ、今までに4枚のアルバムをリリース。絵画と音楽、2つのスタイルで心に広がる風景を自由に表現し、個展・ライブを重ねる。
声を中心として、感じるこころを育むこどものためのワークショップ、肖像を描くポートレートドローイングの活動も全国で行っている。
http://kazuhooogiya.com

■ ムラタトモコ
東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻領域 卒業。文具店やテキスタイルメーカーの商品企画・デザインなどを経て、テキスタイル作家、イラストレーターとして活動。オリジナルテキスタイルやイラストレーションの制作、プロダクトの企業コラボレーション、ロゴやパッケージ等のデザインを手がける。
HP: www.tomokomurata.com
Instagram: https://www.instagram.com/murata_____tomoko/

■ toetiee(トゥッティー)
『ゆっくり・のんびり』をモットーに、アートやデザインの制作活動をしています。これまでにクリエイターとして、ニューヨーク、東京、アムステルダムと世界を舞台に活動してきました。慢性めまい(PPPD)を発症してから拠点を日本の田舎に置き、2021年にアナログな制作スタジオとして蔵を改装した『リソ蔵:リソグラフ印刷工房』をオープンしました。常時症状と向き合いながら、『自然体』をテーマに制作しています。
https://toetiee.com/Japanese

■ Aaron Joseph Sewards (アーロン・ジョセフ・セワード) 
1982年英ブライトン生まれ。ブリストル、ウェストイングランド大学でアートを専攻。何気ない日常の風景を写真に収め、水彩で描く。2012年Jerwood drawing 賞入選。「個展 THE RINGS OF SATURN-Toyama watercolors and abstract works」(スケッチ/富山/2016)他、東京、イギリス、ベルギー、ドイツ、カナダで作品展を行う。
www.arrows-pointing.com

■ 安彦幸枝(あびこ さちえ)
写真家。父のデザイン事務所でアシスタントを務めた後、泊 昭雄氏に師事。著書に『庭猫』(パイインターナショナル)『庭猫スンスンと家猫くまの日日』(小学館)、『どこへ行っても犬と猫』(KADOKAWA)ほか。 犬や猫と、料理の写真を撮るのが好き。
https://www.instagram.com/abikosachie/?hl=ja

■ カコヰテ
2021年夏に「囲う」を基点とした生活雑貨をつくりはじめる。カコヰテは囲い手から。「囲う人」であり「両手で囲う」という意味を持つ。人それぞれの大切なものや場所や自分自身をそっと囲い、安らげるような用具づくりをめざす。
https://kakoite.com

*展示の作品は額と一緒に販売いたします。
*一点ものの作品につきましては、期間中お申し込みが重なってしまった場合は抽選となります。ご了承くださいませ。先着順ではありません。
*店頭でのお申し込みを優先させていただきます。12月から通販を行う作品もあります。
*版画などで複数枚作品が用意できるものは、最後の一枚を抽選とさせていただきます。
*展示期間中のオープン日は基本的には木、金、土。ご予約制のオープンとなります。
*11月のオープン日 11、12、13、18、19、20、22、23、25、26、27日
(それ以外の曜日でオープンする場合は巣巣のサイトやインスタグラムで告知いたします。)
*ご来店の予約方法や予約状況はこちらから。

一覧へ戻る